ウェディング

婚約指輪と結婚指輪の違い

ケーキ

婚約指輪と結婚指輪の違いについて、当たり前のことのようですが意外に理解していないことがあると思います。もちろん金沢において婚約指輪は結婚する前に男性と女性が婚約を証明するための品であり、結婚指輪は挙式披露宴の際にお互いが交換して一生お互いが付け続けると言う形だけは変わりありません。
しかしながら婚約指輪に関しては新郎新婦の結婚の証と言うだけではなく、金沢の新郎新婦の両家がお互いの関係を築くと言う意味でも大きな意味を持ち得る品物になります。もちろん、婚約指輪に関しては新郎が結婚を申し込むためにきちんとお金を貯めて購入するものというのが基本ですが、近頃金沢では新郎の実家の方でお金を少し準備して結納品と同じく新婦の実家に収めると言う形も珍しくなくなりつつあります。
しかしながら、結婚指輪に関しては今の時代も新郎と新婦が自分たちが仕事をして貯めたお金できちんと購入を行った上で交換する事は変わりありません。わかりやすく言えば婚約指輪は新郎新婦だけではなく両家の千切りの証と言う意味もあり、結婚指輪は新郎新婦が初心を忘れずに夫婦であることを意味づけるための指輪であると言えるのではないでしょうか。しかしながら、これも時代とともに変わっていきつつあります。